Brainlabの成功

マネジメント・アソシエイトから人事へ

Gabi

人事部はBrainlabに必要不可欠なチームです。Gabrielaは約15年間、企業組織の要となる人事部において、情熱あふれる社員達をサポートしてきました。Gabiのストーリーをご紹介します。

Successes_Gabi_content

私がBrainlabの面接に招かれた時、本当は別の会社の内定があり、そちらに決めていました。それでもひとまず、Brainlabを少しは見ておきたいと思ったのです。
面接の後、独創的で熱心な人たちとインパクトのある製品を見て、ここには自分が働きたいと思っていた環境が揃っているとすぐに思いました。2000年4月1日、新卒でBrainlabで事務の仕事に就きました。数週間後、当時男性1人が切り盛りしていた人事部へ異動する機会を得ました。さらに数週間後、その男性が別の新しいポジションを引き継ぐことになったため、私は1人で人事の仕事を担当することになったのです。

そういった課題に向かうことには大変大きなやりがいを感じましたが、少しだけ深い穴の中に投げ落とされたような気もしました。私はほぼ何もない状態から人事部を作り上げ、アイデアを実行するためにたくさんの「自治権」を獲得しました。最初の数年は求人に力を注ぎ、Brainlabは毎年その規模が倍になっていきました。今では、本社に10人態勢のチームを持ち、人事に関する様々な案件を国際的に取り扱っています。私は1年の育児休暇を2回取得しましたが、1度も制限を受けることなく前職に戻りキャリアを継続する機会をいただきました。
今もBrainlabでの仕事がとても楽しいです。いつでも知らないことを吸収しようとし、日々挑戦もしていますが、そもそも毎日仕事に来るのが楽しいのです。