Adaptive Hybrid Surgery

RADIOSURGERY GUIDED SURGERY

良性の頭蓋底腫瘍へのマルチモダリティーを利用した治療に特化したアダプティブ・ハイブリッド・サージェリーにより、外科手術と放射線治療のリスクのバランスをとり、治療成績の向上を図ります。

 

良性の頭蓋底腫瘍へのマルチモダリティーを利用した治療に特化したアダプティブ・ハイブリッド・サージェリーにより、外科手術と放射線治療のリスクのバランスをとり、治療成績の向上を図ります。
良性頭蓋底腫瘍治療へのチャレンジ

統合された治療法:外科手術と放射線治療

おおよその良性脳腫瘍対しての目視全摘を目標とする積極的な摘出手術は、運動麻痺などの合併症リスクを伴いながらも標準的な治療法となっていました。それが今日では良性脳腫瘍症例の半数以上には外科手術後に定位放射線照射などの放射線治療を補助的に行い、腫瘍へのコントロールを最大化するようになってきています。しかし、どこまで腫瘍を切除すればいいのか、術後どの程度までなら放射線治療を行っても安全なのか、といったことの一般的な判断基準はありません。いかに安全面を考慮して腫瘍を最大限切除しようとしても、ガイドラインや判断基準がなければ、合併症や不可逆的な神経障害が起きるおそれが生じます。Adaptive Hybrid Surgery Analysis ¹ はSRS/SRTの治療計画を自動で計算し、可視化するので、外科手術と放射線治療両方のメリットを享受できるようになります。

  • 外科術後の補助的放射線療法に対する解析を即座に実行
  • 術前計画から術中の意思決定に至るまでを網羅した治療ワークフロー
  • 複数診療科間連携をサポート
  • 放射線治療を事前に組み込んでおくことで、紹介時での遅れや治療の選択肢を減らしてしまうことを防止
放射線の毒性を考慮しつつ亜全摘の範囲を決定

亜全摘とする際の摘出範囲への客観的判断基準として

ブレインラボのソフトウェアは脳神経外科医が術前計画時や術中のどの時点でも放射線治療を補助療法として行うかどうかを判断できる自動化されたツールを提供します。亜全摘とする際の摘出範囲を考える際、このツールを用いることで、2種類の治療法の境界となる点をどこに置くのが適切なのか、手術と放射線治療に伴う合併症の発現リスクのバランスをどう取るのか、といったことが勘だけに頼らずに判断できるようになります。

  • 外科手術と放射線治療の最適な境界点の決定サポート
  • 多くの合併症リスクを考慮した全体的な治療をいかに行うかを判断
  • 腫瘍コントロール率を妥協せず、かつ機能温存を図ることへの道が開ける
計画した残存腫瘍に対する照射線量の可視化

外科術後の放射線治療を前提にした亜全摘のシミュレーションと最適化

まず、術前画像データをもとにし、腫瘍をどの程度なら残してもよいのか判断します。必要な計算がすべて自動で行える術前計画により、外科手術と放射線治療の条件に合わせた腫瘍の摘出範囲を短時間でシミュレーションし、最適化できます。術前画像データにこのような有益な情報が加わることにより、Tumor Boardにおいて、より有意義な議論を行うことが出来ます。

  • 機能上重要な解剖部位を自動でセグメンテーション
  • 処方線量と限界量は専門家のグループにより確定
  • 1回照射、少分割照射、従来の多分割照射を自動計算
  • オブジェクトとして特定した「予定摘出部位」の情報はクラニアルナビゲーションにエクスポート可能
術中の制御点に基づいた残存腫瘍の自動計算

術後の放射線治療計画を術中にアップデート

画像誘導機能をさらに拡張させたことにより、術後に行う放射線治療について術中どの時点でも評価することができます。このシステムが残存腫瘍についての情報を認知していれば、放射線治療についての判断を術中に即座に更新できます。Elements Intraoperative Structure Update ² は腫瘍の切除腔ないとして特定された多ポイントをベースにして残存腫瘍オブジェクトを計算し、その値をAdaptive Hybrid Surgery Analysisに自動で転送します。

  • 通常使用するナビゲーションインストルメントを利用して術中にポイントを読み取り
  • Brainlabクラニアルナビゲーションソフトウエアすべてにインテグレーション併用可能
  • Elements Adaptive Hybrid Surgery Analysisにアップデートされた残存腫瘍の情報を自動エクスポート
  • 術後の評価用にコントロールポイントをエクスポート
直観的な信号表示が補助的な放射線治療のオンザフライ分析を可視化

処方線量など重要な情報を分かりやすく表示

必要なすべての情報を即時に、そして同時に評価します。計算した3通りの治療計画ごとに、腫瘍の範囲と重要な処方線量の制約に関する情報がすべて直感的に把握できるように3色のライトで表示します。放射線腫瘍医でなくても治療計画をすぐに評価でき、より詳細に評価するためにその他の情報にアクセスすることもできます。

  • 脳神経外科医による切除状況の解釈を直感的可視化として表示
  • 放射線腫瘍医への相談に適した詳細な線量情報
  • Curveデュアルディスプレイとブレインラボ治療計画システム向けに最適化
  • 治療戦略全体を可視化し患者に説明

1

FDA承認申請中。

2

開発中のため現時点では未発売。

 

Adaptive Hybrid Surgery Analysis:医薬品医療機器法等の経過措置品
販売名:Curve ナビゲーションシステム(医療機器承認番号:22400BZX00153000 )
販売名:iPlan ステーション (医療機器承認番号:22000BZX01548000 )
販売名:ブレインラボ iPlan Net Server (医療機器承認番号:22100BZX00216000 )