Automatic Brain Metastases Planning

Fast Treatment. Focused Dose. Revolutionary Technology.

Automatic Brain Metastases Planning ¹ アプリケーションは脳にある複数の転移巣を効率良く治療するための放射線治療計画を、一貫して素早く行えるようにするテクノロジーです。

 

お問い合わせ

Automatic Brain Metastases Planning_Header_BrainMets with leafs_14Aug12-Automatic Brain Metastases Planning_Header_BrainMets with leafs_14Aug12_OLD
Consistent automated planning

一貫性を持った自動治療計画ソフトウエア

ブレインラボのソフトウエアによって、脳に複数のブレインメタを効率よく治療するための計画を、いつでも迅速に立てることができます。すべてのブレインメタの輪郭を描出したあと、腫瘍体積に基づいて放射線治療計画を自動で作成するので、その治療計画を確認することに専念することができ、最後は実施するかどうかを決めるだけです。

  • 腫瘍体積を基にした処方線量の選択肢を自動で表示
  • 1回照射する定位放射線照射または分割照射する定位放射線治療のどちらを選ぶかによって、異なる治療計画を作成することが可能
  • ブレインメタのグループを自動で選択。自動で設定されたアイソセンターにおいて、照射しない方がいいブレインメタのグループの選択を解除することも可能(部位別ごとにサブグループに簡単に分けることが可能)
最適化されたコンフォーマルビーム

最適化されたコンフォーマルビーム

Automatic Brain Metastases Planningアプリケーションは5つのテーブル位置で10アークまでの照射が可能です。各アークがブレインメタのサブグループに放射線を照射しますが、例えばアークの軌道上に2つのブレインメタが並んでいる場合、ソフトウエアは反対方向からのアークでもう1つのブレインメタを照射するようにします。このように動作することで、照射野以外の部位の被ばく量を抑えながら最適な原体照射が行えるようになります。

  • 正確に原体照射できるようにマルチリーフコリメーターの間隔とコリメータの角度を最適化
  • ブレインメタごとに線量分布を総合評価
  • ブレインメタごとの100%処方線量と50%線量の等線量線を自動で3D画像化
  • 正常組織への照射量は線量を球状の3D画像にして評価
  • ブレインメタ別にconformity indexを算出
迅速で効果的な線量照射

迅速で効果的な線量照射

ブレインメタが1つだけの場合に限り放射線治療を行うのが最近の傾向ですが、ブレインメタが複数ある場合、時間の経過と共にブレインメタの数も増えていきます。Brainlab Automatic Brain Metastases Planningソフトウエアにより、正常組織への照射量を低減させつつ、短時間の治療が行えるようになります。また、ブレインメタが10個までなら、治療計画や照射にかかる時間を大幅に短縮できます。

  • ブレインメタが10個までなら患者の位置を変えずに照射
  • カウチの角度を変えずにアークが前後に回転するので、1つ目または2つ目のアークですべてのブレインメタへの照射が可能
  • 正常組織への照射を防ぐため、アークの軌道上にブレインメタが並んでいる場合は同時には照射しない
実現可能な寡分割照射

実現可能な寡分割照射

Automatic Brain Metastases Planningにより、少分割照射も行えるようになります。複数の大きなブレインメタや全ブレインメタをまとめて治療する場合、低線量の1回照射を行うのが最近の傾向です。このソフトウエアを利用することで、大きなブレインメタや多数のブレインメタへの治療計画を立てる際、正常組織への照射量を最小限に抑え、少分割照射であっても現実的な計画を効率よく立てられるようになります。

  • Automatic Brain Metastases Planningで、複数のブレインメタにも少分割照射の定位放射線治療が可能
  • 放射線壊死が生じるリスクは抑えて、効果のある高線量の照射が可能
  • 分割照射の合間に腫瘍細胞の再酸素化が促進
ExacTracを用いたシンプルな治療プロセス

ExacTracを用いたシンプルな治療プロセス

複数のアイソセンターの位置が腫瘍の外側に移動すると回転する位置が変わる度に問題が大きくなるので、患者の位置決めが難しくなります。このソフトウエアは治療中にカウチの角度を5段階まで設定できるアイソセンターアプローチをとっているので、迅速な照射が可能になります。ExacTrac®の6Dロボティックアライメント機能は複数のブレインメタを治療する上で、欠かせない機能です。

  • ExacTraの6Dロボティックポジショニング機能が、腫瘍全体に照射できなくなり、conformity indexが低下する原因となる角度のずれを防止
  • カウチやガントリーの角度にかかわらず患者の位置を体内の骨構造で検証
  • ノンコプラナービームを使ったカウチ位置で照射中であっても、患者の位置ずれを検知
  • 高精度照射やポジショニングなど、定位放射線治療のワークフローを網羅
 

1

FDA承認申請中。

Elements Automatic Brain Metastases Planning:医薬品医療機器法等の経過措置品