Intraoperative MRI

Informed Decisions. Increased Confidence.

ブレインラボは脳腫瘍手術において、術中MRIとの自動レジストレーション技術を用いた位置精度を即時に提供します。

ブレインラボのAutomatic Image Registration(AIR)は、手術開始から終了まで、精度の高い手術用ナビゲーションを実現
術中画像は自動的にインポートされ、前のデータとフュージョンが行われるため、即座にナビゲーション可能

腫瘍摘出を即時に検証

ブレインラボのAutomatic Image Registration(AIR)は、手術開始から終了まで、精度の高いシームレスな手術用ナビゲーションを実現するためのコア技術です。AIRは術前の手術計画を維持しながら、手術用ナビゲーションシステムに術中MR画像を追加登録します。この更新されたレジストレーションにより、術中に生じうるナビゲーション精度の低下を補正できます。

  • インテグレーションされたMRデータ転送機能とマーカーの自動検出機能により、解剖学的なランドマークへのアクセスが不要
  • 迅速で正確な画像レジストレーションにより、精度の即時コントロールおよび最新の画像に基づくナビゲーションが可能
三点固定頭蓋固定具と併用できる、複雑さを伴わないシンプルな設計のレジストレーションマトリックス

Automatic Registrationハードウェア

ブレインラボのAIRは、術中MRIとナビゲーションをインテグレーションし、システムの完全性を損なわずに、術中画像を用いた高度な臨床判断が可能となります。様々なメーカーのMRIと手術台を完全にインテグレーションすることにより、医療機関に最大限の柔軟性を提供しつつ、脳神経外科手術において効率的なワークフローを提供します。MRマーカーが組み込まれたブレインラボのレジストレーションマトリックスは、三点固定頭蓋固定具と併用するように設計されているため、標準的な手術体位に対応できます。

  • シンプルな設計のレジストレーションマトリックスにより、簡単なセットアップが可能
  • 患者頭部の下部、アイソセンターのより近傍にマトリックスを配置することによって、レジストレーション精度が向上
  • Black Forest Medical Groupの一角である、pro med instruments社製のDORO LUCENT® iMRIヘッドレストシステムとの専用の互換性
  • 各社MRIスキャナおよび手術台に対応
術中MRIを用いる脳神経外科手術では、手術室全体とインテグレーションできる機器が必要となります

手術室の情報コントロールセンター

Buzz Digital O.Rは、医用画像、ソフトウェアコンテンツおよび映像のルーティング、表示、送受信、ストリーミング配信、録画、加工が行えます。オープンプラットフォーム設計のBuzzは、操作しやすいマルチタッチインターフェースを採用し、あらゆる手術室環境で使用可能です。

  • ブレインラボ手術計画ソフトウェアおよびナビゲーションシステムとの、シームレスなインテグレーション
  • HISやPACSと連携し、データ運用やドキュメンテーションが簡便
  • データやビデオ映像を表示・コントロール
  • 映像・ソフトウェアコンテンツを複数のディスプレイにルーティング可能な、ネットワークベース設計
ブレインラボのカスタマーコンサルティング部門は、技術適合性や施設別のサイトプランニングをサポート

カスタマーコンサルティング部門

高度な技術とインテグレーションが必要とされるプレインラボ独自のiMRIは、綿密な準備と適正な計画により実現に向かいます。当社カスタマーコンサルティング部門の専門スタッフは、コンサルティング、プランニング、インストーレーション、トレーニングを包括的なサービスとして提供します。

  • ワークフローに関するコンサルティング
  • フィジビリティスタディ
  • プロジェクト管理
  • 法令準拠性検査

販売名:Curve ナビゲーションシステム(医療機器承認番号:22400BZX00153000 )
販売名:Kick ナビゲーションシステム(医療機器承認番号:22500BZX00283000 )
販売名:Buzzシステム(医療機器認証番号:225AABZX00035000 )