Stereotactic Planning Software

Streamline Framebased Procedures

iPlan Stereotaxyで、定位脳手術はより詳細に、手術室のワークフローはさらにスムーズになります。

iPlan Stereotaxyによるトラジェクトリープランニング

iPlan Stereotaxyによるトラジェクトリープランニング

定位脳手術専用のパワフルな計画用ソフトウェア

定位脳手術では生検時に小さな病変を捉えたり、深部にある脳領域を刺激したりする際に、高いレベルの正確性を求められます。その要求にiPlan® Stereotaxyが応えます。基本的なトラジェクトリープランニングに、手術室のワークフローや脳領域の特定、深部脳刺激(DBS)を改善する高度なプランニング機能を組み合わせて、アークを設定するようになっています。iPlan Stereotaxyは日常的に行う定位脳手術にも、先進の臨床研究にもどちらにも適しています。

  • CTやMRIのローカライザーの位置を同定
  • 定位脳手術用の多様な固定具に対応
  • iPlan FiberTrackingモジュールと互換性あり

MR画像とCT画像の自動イメージフュージョン

オートイメージフュージョンでワークフローをフレキシブルに作成

位置同定していない画像データセット(固定シェルは不使用)をもとに定位脳手術の計画を事前に立てておくと、手術日に位置同定した画像データセットとすぐに融合できるので、ワークフローの自由度も高まります。定位脳手術でのトラジェクトリーを計画する際にユーザーが指定した画像の範囲のみを重ね合わせることができるため、MR画像で治療範囲を特定する際の精度も高まります。

  • あらゆる画像診断装置に対応
  • ローカライザーを用いた画像データセットがなくても事前の計画作成が可能
  • ローカライザーを使用していない画像データセットと使用したMR画像またはCT画像のデータセットとを融合

AC-PC settings via crosshair

機能領域に特化したプランニング

患者のAC/PCラインに合わせて、脳画像を表示できます。正中矢状断面を自動検出した後、インタラクティブな十字線ツールを使ってACとPCの指標を手動で設定します。拡大縮小可能な脳アトラスデータも、検証や手術範囲を計画するためにアトラスと患者の解剖学的構造とを一致させるのに役立ちます。ワークフローの自由度が高いので、計画したステップを組み合わせて定位固定アークの設定値を得るための、機能領域、ターゲット、トラジェクトリーの特定が行いやすくなります。

  • AC/PCに位置合わせした表示で解剖学的構造の輪郭を表示するためにAC/PC座標を直感的に定義
  • 治療計画の全行程で神経線維を可視化するiPlan Fibertrackingモジュールにも対応

iPlan Stereotaxyによる刺激の結果を組み込んだ電極記録

iPlan Stereotaxyの導入

iPlan Stereotaxyの電極記録モジュールを使用することで、1つのシステムに集積した術前・術中の全データに連続性をもたらします。術前に計画したトラジェクトリーを定位脳手術中に使用すると、刺激経路を表すトラックを導き出すことができます。入力した結果が小さな球体を並べた形で患者の脳画像にすぐに表示されるので、DBS電極の最適な埋め込み位置を見つけるのに役立ちます。

  • 定位脳手術における正確で再現性があり、総体的な意思決定をサポート
  • 術中と術後の深部脳刺激の結果を比較して術後のケアを最適化

販売名:iPlan ステーション (医療機器承認番号:22000BZX01548000 )
販売名:ブレインラボ iPlan Net Server (医療機器承認番号:22100BZX00216000 )
販売名: Elements サージカルベーシック(医療機器認証番号:227AABZX00097000 )
販売名: Elements サージカルアドバンス(医療機器認証番号:227AABZX00098000 )