コンプライアンス

Brainlabは高い倫理基準の遵守に努め、収賄、詐欺、金融取引の虚偽記載、市場力および知的財産の不正使用または窃盗等の犯罪行為の防止を目指しています。したがって、当社では法的要求事項に対応し、社内のガイドライン、手順書、価値をサポートするインテグリティ&コンプライアンス プログラムを整備しています。

当社のインテグリティ&コンプライアンス プログラムは、Brainlab AGおよびその関連子会社、それぞれの従業員が、難しい倫理的状況下でも個々の判断および行動をサポートし、保護するものであり、また、過ちや制裁を避けるために正しい行動とコンプライアンスを促すものでもあります。Brainlab社内でのコンプライアンスは、すべての業務に関連したビジネス行為の根幹であり、会社の中心的価値の1つである「誠意」に密接に関係するものです。

コンプライアンス ヘルプライン

Brainlabは従業員と、サプライヤーやお客様のような外部団体に属する方でコンプライアンスに関する質問がある方のために、コンプライアンス ヘルプラインを設けています。ここでは、潜在的または実際の犯罪行為または重大なコンプライアンス違反に対し、勧告や報告を行います。
コンプライアンス ヘルプラインは、匿名でのご相談をご希望であれば、外部のサードパーティがホスティングを行う安全なウェブサイト経由で、あるいは多言語に対応した24時間体制のオペレーターによる電話対応をいたします。お気軽にコンプライアンス ヘルプラインをご利用ください。

コンプライアンスに関するFAQ

このセクションでは、コンプライアンスに関するよくある質問と回答をご紹介します。(英語による情報提供となります)

Annual Declaration of Compliance with California Law

カリフォルニア州Health and Safety Code §§119400~119402に記載のBrainlabの年次宣言は、こちらからダウンロードすることができます。(英語による情報提供となります)

行動規範および医療従事者への対応に関する方針

Brainlabの行動規範は、適用法令および規制の遵守違反防止と、当社目標の実現、ならびにインスピレーション・誠意・シンプリシティの3つの企業価値をサポートすることを主眼としています。この方針は、Brainlabと医療従事者への対応に焦点を当てています。行動規範および方針の遵守は世界中のBrainlabの全従業員の義務であり、Brainlabはすべての従業員が場所や時間に関係なくこの義務を果たすことを心から信じ、期待しています。

Organizational, Management and Control Model as per Italian Legislative Decree No. 231/2001 – English Version
Organizational, Management and Control Model as per Italian Legislative Decree No. 231/2001 – Italian Version

2001年6月8日付法令No. 231に従い、Brainlabは1つのモデルを採用しました。皆様におかれましては当社のモデルの概要をご一読いただき、モデルに記載の原則および行動の遵守をお願いいたします。これは、私たちのビジネス関係の開始と継続に際して、根本的に重要なものです。モデルに遵守していないとお気づきの場合は、ご一報ください。

ISMS_ANAB_JIPDEC_colorブレインラボ株式会社 情報セキュリティ基本方針

ブレインラボ株式会社ではISO27001/ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を遵守し、情報セキュリティ基本方針を表明いたします。

 

French Sunshine Act Benefits Reporting