Spinal Navigation Application

Straightforward Spine Navigation

ブレインラボの脊椎手術用ナビゲーションによって、椎弓根スクリューをより正確に設置でき、被ばく量も大幅に低減させることが可能になります。

ブレインラボのスパインナビゲーション
CT画像を用いた頸椎C1-C2スクリュー留置のためのナビゲーション

精度の向上

脊椎領域の手術行う際、手術用ナビゲーションシステムによる画像誘導により、従来の手技よりも正確に椎弓根スクリューを設置できるようになります ¹。切開部位を決めるプランニングの段階からインプラントを設置するまでのどの段階でも、2D画像や3D画像、またMR画像やCT画像上でインプラントと手術器具をナビゲーションすることができます。

  • 切開部位と手術器具を刺入する方向を的確に判断
  • 重要な血管や神経に特に配慮してインプラントを安全に設置
  • 後方アプローチや低侵襲なアプローチでインプラントを設置をガイド
フルオロイメージを使用した腰椎ペディクルスクリュー固定のナビゲーション

被ばく量の削減

脊椎手術用ナビゲーションシステムは、手術室のスタッフと患者双方の被ばく量を大幅に減少させることを可能にしました ²。手術器具をリアルタイムで可視化することで、例えば、頻繁に行われる低侵襲腰椎固定術では、切開部位やアプローチする方向を直前に決めることができます。

  • 手術室のスタッフと患者双方の被ばく量を低減
  • 切開部位やアプローチする方向を直前に決めることが可能
  • MRIやCTの2D画像/3D画像上で手術器具をリアルタイムに可視化
胸椎部腫瘍切除のためのコンピューターアシステッドサージェリー

複数の疾患に対応

ブレインラボの脊椎手術用ナビゲーションシステムは、頸椎インスツルメンテーション手術や胸椎後方固定術から、日常的に行われている腰椎固定術や脊柱変形への複雑な矯正手術、腫瘍切除術や手術計画に至るまでで幅広く対応します。術前と術中に撮影したどちらの画像も、ナビゲーション用に登録することができます。

  • C1、C2間のスクリュー設置、椎弓根スクリューは脊椎のどの位置でも設置
  • 脊柱変形への複雑な矯正手術や腫瘍切除術も適切にアシスト
  • ナビゲーションソフトウェア上で手術計画を作成
ブレインラボのスパインナビゲーションシステムは、ペディクルスクリューの固定、腫瘍切除、側弯症治療をアシストします

手術器具とのスマートインテグレーション

さまざまな種類をそろえたブレインラボ製の器具に加え、DePuy Synthes、ulrich medical、Aesculap3社の製品であれば、すぐに使用することができ、ワークフローがスムーズでシームレスに進みます。また、オープンプラットフォームテクノロジーを採用しているため、どんな手術器具でもユニバーサルアダプタークランプに取り付ければ、ナビゲーション用に手動で較正することができます。

  • 標準のワークフローは変更せずにそのまま実行
  • 手術器具8点までなら同時にナビゲーション
  • キャリブレーション済みの手術器具を3D画像で表示
  • ユニバーサルアダプタークランプに取り付ければ、あらゆる手術器具が併用可能

1

Richter et. al., Cervical pedicle screws: conventional versus computer-assisted placement of cannulated screws.
Spine (PhilaPa 1976). 2005 Oct 15;30(20):2280-7

2

Gebhard et al., Does computer assisted spine surgery reduce intraoperative radiation doses?
Spine (PhilaPa1976). 2006 Aug 1;31(17)

販売名:Curve ナビゲーションシステム(医療機器承認番号:22400BZX00153000 )
販売名:Kick ナビゲーションシステム(医療機器承認番号:22500BZX00283000 )