Spinal Planning

Effective Treatment Planning

オート機能で、脊椎手術計画をシンプルで効果的に作成できます。

簡単・正確なトラジェクトリープランニング
脊椎全般のCT画像のAxialビューおよびSagittalビュー

DICOM Viewer

脊椎手術には血管や神経を傷つけるリスクが伴います。Brainlab Elements DICOM Viewerを利用すると、最適な画素数の画像を表示できるので、これに基づいて術前計画の作成や意思決定を行えるようになります。

  • 医用画像データに素早く簡単にアクセス
  • DICOM形式の画像をすぐに直接扱うことが可能
  • 脊椎手術用ナビゲーション用ソフトウェアに直接転送
自動化された高精度なイメージフュージョンは脊椎腫瘍切除時など、脊椎手術のナビゲーションに使用可能です

Image Fusion

Brainlab Elements Image Fusionを使用すると、患部の構造と機能に関するデータをすべて同時に活用できるようになります。CT画像は骨の構造を、MR画像は軟部組織の状態と腫瘍の位置を確認するのに使用します。画像データセットのフュージョンは、治療計画を立てる際の腫瘍の特定と輪郭の描出に欠かせない存在です。

  • 高精度のフュージョン画像を全自動で作成
  • 異なるモダリティによるデータセットの重ね合わせを、相互情報量アルゴリズムで数秒で実行
  • フュージョン画像上で結果を検証
脊椎手術のプランニングオプションとして、ナビゲーションガイド下での腫瘍切除においてSmartbrushによる輪郭描画機能により腫瘍のアウトライン作成が可能です

Smartbrush

Smartbrushはマウスのクリックやフィンガータッチで腫瘍の輪郭を描出する、インテリジェント機能です。CT画像やMR画像など複数の画像を利用したり、多断面構成像から計測した腫瘍体積を取り込んだりできるので、ターゲットの設定を自在に調整することができます。

  • 腫瘍の輪郭をすぐに描出して操作も可能
  • 描出した輪郭をクリックやタッチ操作で変更
  • 複数モダリティの画像から同時に輪郭を特定
スパインナビゲーションシステムでは、複数のペディクルスクリュー固定の術中プランニングが可能です

術中の計画作成が可能

低侵襲手術を行う場合や画質の悪い画像を用いる場合は、スクリューの刺入位置を術中に決定することにより、術中プランニングを行わない場合に比べ、より確実ににしっかりと固定できるようになります。画像データセットを制約なく再構成でき、インプラントの位置も表示します。

  • スクリューの刺入パターンを複数作成
  • 画像データセットを再構成してインプラントの位置を表示
  • 再構成した3D画像や2D画像でプランニング

販売名:iPlan ステーション (医療機器承認番号:22000BZX01548000 )
販売名:ブレインラボ iPlan Net Server (医療機器承認番号:22100BZX00216000 )
販売名: Elements サージカルベーシック(医療機器認証番号:227AABZX00097000 )
販売名: Elements サージカルアドバンス(医療機器認証番号:227AABZX00098000 )