Image Registration Options

Enhanced Visualization leveraging more data

ブレインラボのナビゲーションシステムは、幅広い種類のイメージレジストレーションオプションで画像をより鮮明に表示します。

Spine_ImageRegistration_Header
3D撮影画像自動レジストレーションによるスパインナビゲーションは、ナビゲーションガイドのペディクルスクリュー留置等の症例に使用可能

Cアーム3D画像のレジストレーション

低侵襲脊椎手術やトラウマ外科手術において複雑な手技を行う場合、3Dフルオロレジストレーションにより、3D画像の作成が可能なCアーム装置が使えるようになります。術中に撮影した画像を使用することにより、リアルタイムでナビゲーションすることができます。オートレジストレーションによって素早く正確なナビゲーションが可能になるとともに、Ziehm社のVision Vario 3DやSiemens社のARCADIS® Orbic 3Dといった一般的なCアーム装置とシームレスに併用できます。

  • Cアーム装置で作成した3D画像を、患者に負担をかけずに自動でレジストレーション
  • 術中に3D画像を構成してリアルタイムでナビゲーション
  • 脊椎手術やトラウマ外科手術には3D対応のナビゲーション専用ソフトウェアを用意
  • 3D画像を構成できる一般的なCアーム装置に使用可能
xSpotによる、低侵襲なフルオロイメージ術中レジストレーションを使用したスパインナビゲーション

Cアーム2D画像のレジストレーション

ナビゲーション用の画像レジストレーションは、操作性が良く、シンプルであることが重要になります。脊椎手術やトラウマ外科手術向けのナビゲーションソフトウェアでは、オートクレーブ滅菌が可能なハンドヘルド型のxSpotを併用すると、X線画像を2枚撮影するだけで一般的なX線画像2枚を簡単にレジストレーションすることができます。Ziehm社のVision Vario 3DやVision FD、Siemens社のARCADIS® Orbic 3Dといった一般的なCアーム装置に対応しています。

  • 術中にxSpotで撮影したX線画像を、負担をかけずに術中にレジストレーション
  • 3D画像と2枚の2D画像によるナビゲーションを同時に実行
  • Cアーム装置を使用するトラウマ外科手術には専用の2Dナビゲーション用ソフトウェアを用意
  • 一般的なCアーム装置に使用可能
ナビゲーション手術におけるArtis zeego画像との術中自動レジストレーションは、腫瘍切除および側弯症治療にも適用可能です

Artis zeegoを使用したイメージレジストレーション

脊椎外科用、トラウマ外科手術用、脳神経外科手術用のナビゲーションソフトウェアに、アームポジションを自在に変えられるSiemens社のArtis zeegoを併用すると、 3Dイメージング機能のsyngo DynaCTを使ったリアルタイムのナビゲーションを行えるようになります。オートレジストレーションで、すぐに画像をレジストレーションでき、ナビゲーションの信頼度も高まります。

  • 負担が少ないオートレジストレーション
  • 3Dイメージング機能syngo DynaCTを利用したリアルタイムのナビゲーション
  • 脊椎外科とトラウマ外科手術には専用の3Dナビゲーション用ソフトウェアを用意
ナビゲーション手術における骨表面上にポイントするマニュアルレジストレーション

サーフェスマッチング

サーフェスマッチングは術前に撮影したCT画像をベースにした、スピーディに行えるレジストレーション方法で、大きな切開を伴う手術向けに備えられた機能です。骨表面にポインターを当てて複数のポイントを1か所ずつ指定してレジストレーションし、オートコレクトアルゴリズムを利用して、そのポイントを術前に撮影したCT画像に数秒で重ね合わせます。ポインターに取り付けたSmartClipによって、ポインターをソフトウェアのリモートコントローラーとして使えるようになります。

  • 大きな切開を伴う手術向けにポイントを手動でレジストレーション
  • 素早く、簡単に行えるワークフロー
  • SmartClipによりポインターをリモートコントローラーとして使用
スパインナビゲーションにおける術前CT画像とフルオロイメージを活用したレジストレーションは、低侵襲なペディクルスクリューの固定に適用可能です

CTフルオロマッチング

CTフルオロマッチングにより、術前に撮影したCT画像と、一般的なCアーム装置とオートクレーブ滅菌が可能なハンドヘルド型のxSpotで撮影した画像2枚とをレジストレーションすることができます。低侵襲手術では、負担の軽いレジストレーションが特に必要になります。

  • 2枚のフルオロ画像だけを用いる、負担の軽いレジストレーション
  • オートクレーブ滅菌可能で操作も簡単なハンドヘルド型xSpot
  • 侵襲性に関わらず幅広い手技に対応
スパインナビゲーションにおける自動レジストレーションされたFluoro 3D画像を用いた術前CT画像の同時レジストレーション

CT画像をフルオロ3D画像にレジストレーション

コレジストレーション機能により、術前に撮影したCT画像を3Dのフルオロ画像に自動で重ね合わせることができます。このように画像を重ね合わせることで画質が向上するため、肥満患者などの手術では特に役立ちます。

  • 術前に撮影したCT画像を3Dのフルオロ画像に自動で重ね合わせ
  • 画質が向上
  • 画像から多くの情報を得ることが可能
ナビゲーションガイド下での脊椎腫瘍切除のためのCTとフュージョンされたMR画像のレジストレーション

MR画像をCT画像にレジストレーション

例えば腫瘍の治療など、軟部組織に関する詳細な情報が必要な場合にはフュージョン機能を使用することで、術前に撮影したMR画像すべてをレジストレーションしたCT画像に重ね合わせることができます。こうしてフュージョン画像を作成しておくと、CT画像とMR画像両方から得られる重要な情報を脊椎腫瘍の手術で同時に使えるようになります。

  • CT画像、MR画像両方で同時にナビゲーション
  • 軟部組織に関するより詳細な情報
  • 脊椎腫瘍の手術に最適
Brainlabのスパインナビゲーションは、一般的な汎用Cアームとインテグレーションでき、ナビゲートされたペディクルスクリューの設置、腫瘍切除、脊椎変形治療に利用可能です

選択の自由

ブレインラボのナビゲーションソフトウェアは、Siemens社、Ziehm社、GE社、Philips社が販売する一般的なCアーム装置に問題なく対応します。画像のレジストレーション方式については、術式と画像診断装置別に複数の選択肢の中から選ぶことができます。

  • ナビゲーション機能とCアーム装置のスムーズな連携
  • Cアーム装置の主要メーカーすべてと提携
  • Cアーム装置を用いる脊椎外科とトラウマ外科手術には専用のナビゲーション用ソフトウェアを用意

販売名:Curve ナビゲーションシステム(医療機器承認番号:22400BZX00153000 )
販売名:Kick ナビゲーションシステム(医療機器承認番号:22500BZX00283000 )